特定非営利活動(NPO)法人こころのはな 設立趣旨書
講師 中島孝之氏
(脳神経外科医・大和郡山市立郡山南小学校校医)

◆第1回 子育て支援セミナー <なぜ集団生活に適応できないのか?> 2015年7月11日

◇『はじめに』
子どもの集団への適応能力は個人差が大きく、正常・異常の見分け方は非常に困難です。集団への適応がうまくいかない理由として「先天的病気や本人の性格」が関係するものに対して、「後天的・環境」によって集団に溶け込めない状態になってしまうものもあります・・・
集団への適応障害の治療や教育、指導などは、障害の原因によって取り組みの方法を選ぶ必要があり、そうした点について考えてみます。

『集団生活への適応がうまくいかない要因』
<子ども本人の要因><保護者の要因><環境の要因>に分けられます(文部省の統計)

@子ども本人の要因
*自閉症スペクトラム・・・ADHD、LDなどの精神的・発達障害などに準ずる疾患
*喘息、虚弱体質などの普通疾患
*生活習慣の乱れ・・・夜更かし、睡眠不足、喫煙
*学校についていけない・・・勉強、クラブ活動、教師とおまくいかない、進路不安

A保護者の要因
*家庭内不和、両親の離婚
*親子関係、経済的事情
*放任、放置・・・放置せざるをえない
*孤食 *虐待
*受験・・・失敗、挫折感、過度の期待

B環境の要因
*いじめ・・・不良仲間、LINE、SNS
*住居・・・個室でなにをしている? ケイタイ ゲーセン 24時間営業のコンビニ など








          

supported by seo WEB-EYENET