特定非営利活動(NPO)法人こころのはな 設立趣旨書
 
 本会は無事終了しました。

『人生をどう生きるか』をテーマに、人生経験豊富な3人の奇才と一緒に話し合う、とても貴重なトークセッションが実現しました!
【当日のプログラム】

  • オープニングミニ演奏会/梅谷忠洋(fl)・武田直子(pf)
  • 3人の奇才によるディスカッション
  • 3人の奇才への質疑応答
  • とき: 2017年6月3日(土)午後1時半〜(受付け 午後1時〜)
  • 場所: NPO法人こころのはな 内 みのり幼稚園イベントホール「釈迦堂」
後援:宇治市・宇治市教育委員会・京都新聞・学校法人みのり幼稚園・ひいらぎこども園・心華寺空手保護者会

  

 「NPO法人こころのはな理事長 斯波最誠」より
本会にご参加、お手伝いありがとうございました。
自分で言うのも照れますが、素晴らしい会でした。やはり私が一番お二人のお話をお伺いしたかったようです。感動の連続で、聴衆側に回っていました。炭谷先生のフリースクールでの指導の話、子どものやりたいこと、興味のあることを伸ばすことでやる気をひきだす。茂木先生も同様に、子どもが興味のある事を勉強させていくのが世界の教育の主流であるという話、今日の日本での押しつけに近い教育ではやはり、子どもたちの真の成長は難しいのではないか、問題が多く出るのではないかというとても興味深い話でした。
保護者の皆さん、周りに惑わされずに、子どもさんの才能を伸ばす教育をご精進下さい。そして親子共々に成長されることを願っております。沢山のご来場ありがとうございます。

 



茂木健一郎 NPO法人こころのはな

 
トークセッション参加者 
炭谷俊樹 ラーンネット・グローバルスクール

【炭谷俊樹】(すみたに としき)

子どもの個性を生かす「ラーンネット・グローバルスクール」
神戸の山中に運営している。
著書:「第3の教育-突き抜けた才能は、ここから生まれる」など。


茂木健一郎

【茂木健一郎】(もぎ けんいちろう)

脳科学者。「クオリア」〜感覚の持つ質感〜をキーワードとして脳と心を研究。メディア等での活動でもおなじみ。著書多数。
公式ブログ


斯波最誠 NPO法人こころのはな

【斯波最誠】(しば さいじょう)

『NPO法人こころのはな』理事長。不登校・ひきこもり者への社会復帰のきっかけづくり、場所づくりを提供している。心華寺住職。

<開会に向けてのメッセージ>
人はふとしたきっかけで自分の人生に目覚めます。
私は中学2年生の時、『奇跡の人・ヘレンケラー物語』の映画を見て「落ちこぼれたままでもいいのでは?」と思いました。当時の成績が最悪だった私が「感動した人の言葉に素直に従おうと思ったこと」は事実です。

そんな私がNPO法人こころのはなを立ち上げて4年になりますが、当初の思いと違い、「不登校・ひきこもり」の皆さんの居場所として活用されることは少なく「なぜなんだろう?」と考えていました。ひきこもり研究の第1人者「池上正樹」氏や、その他の方々にお聞きし、わかりました。不登校・ひきこもりになる前の段階が大切なのだと。。

そこで、私たちはただ待っているのではなく、積極的に「啓蒙・啓発活動をして、不登校・ひきこもりが少なくなる活動をしてお役にたとう」と思い立ったのです。
このような思いから、今回のトークセッションを企画しました。
炭谷氏、茂木氏は知的でありながら、感性も優れておられます。聞いてくださる若者たちに、「ナンバーワンではなくオンリーワンを目指す人生」を見つけてもらえたらと願っております。どなたでもどうぞお気軽にご参加いただければと思います。

梅谷忠洋

司会:梅谷忠洋

作曲家(おもいで酒 ほか)。フルーティスト。M&USCHOOL学長









          

supported by seo WEB-EYENET